タカタ(takata)チャイルドシート比較

安全性の高いtakata04-neo(タカタ04ネオ)やtakata04-MLB6000などの比較。タカタの激安チャイルドシートもご紹介しています。


トップ > チャイルドシートの比較 > (タカタ)takata

タカタの選び方

タイプ別!チャイルドシートを比較

 タカタのチャイルドシートは対象年齢が、@新生児から4歳頃まで A3歳から8歳頃まで、の2タイプに分類されます。

 @の新生児から4歳頃までのタイプは、takata04-neo, 04-system3.0, 04-MLB6000(生産終了品)
 Aの4歳から8歳頃までのタイプは、takata312-neo junior seat

 他社のチャイルドシートと比較して、その安全性で定評のあるタカタのチャイルドシート。2004年度チャイルドシートアセスメント史上初の「優・優」評価を獲得しています。


takata04-neo(タカタ04ネオ)

重量:10kg

サイズ:W489×D585×H685mm (新生児〜4歳頃まで)
定価:\78,540(税込み)   

  タカタ04ネオの楽天価格【安い順に表示】

タカタ04ネオ Yahoo!価格【安い順に表示】

04ネオの機能:
●ママ楽ハンドル(ハンドル式プリローダーシステム)
 シートベルトをセットしたら、くるくる回すだけで取り付けが完了。車にしっかり固定でき、ぐらぐらしません(幼児用モード)。取り付け完了お知らせ機能つき。

●ベルトクランプ
 後ろ向きで使うときは、新開発のベルトクランプにはさんで固定。クランプ部が大きく開くので、誰でも簡単に操作できます。

●後ろ向き45度
 取り付け角度は安全性を考慮した45度。チャイルドシート背面全体で生後0ヶ月〜9ヶ月までの赤ちゃんの体をしっかり受け止めます。

●マグネットタング
 バックルに差し込む左右のタングに磁石を内蔵。暗い場所でも近づけるだけで すばやく装着できます。04ネオだけの機能。

●インナーサポートクッション
 やさしい感触の吸湿性・通気性の高い生地からなり、汗をかいてもむれにくく快適です。

●ソフトモールドクッション
走行中の振動と衝撃を緩和します。

●ハーネスカバー
ボタン突き出取り外しがカンタン。洗濯しやすくなっています。


takata 04-system3.0

本体重量:5.5kg 

サイズ:W440×D490×H630mm(新生児〜4歳頃まで)
定価:\23,800 (税込\24,990)

  04-system3.0 の楽天価格【安い順に表示】

04-system3.0 Yahoo!価格【安い順に表示】

★タカタ 04-system3.0の特長と機能:
 後ろ向き45度に取り付ける洗濯可能なタカタのオーソドックスなチャイルドシート。「安全性を確保したうえで、激安チャイルドシートを」という方にはおすすめの一品です。


takata 04-MLB6000 (生産終了品)

本体重量:8.5kg 

サイズ:W480×D620×H725mm(新生児〜4歳頃まで)
定価:\64,800 (税込\68,040)

  04-MLB6000 の楽天価格【安い順に表示】

04-MLB6000 Yahoo!価格【安い順に表示】

★タカタ 04-MLB6000の特長と機能:
 ●04-neoにも装着されている、取り付けカンタンのママ楽ハンドル●後ろ向き45度取り付け ●新生児でも安心。振動を吸収するインナークッション。●通気性の良い立体メッシュ素材で、ウレタンクッションに無数の通気孔を開けた、立体メッシュシート。


takata312-neo junior seat

本体重量:6.1kg

サイズ:W450×D460×H695mm (3歳〜12歳頃まで)
定価:\34,096 (税込\35,800) 

  takata312-neoの楽天価格【安い順に表示】

takata312-neo Yahoo!価格【安い順に表示】

★takata312-neo junior seat の特長:
 自社内に衝突実験設備を持つタカタ。日本の国土交通省によるテストでも好成績をおさめ、日本のメーカーでは初めて、ヨーロッパと日本の安全基準をクリアしたジュニアシートです。