チャイルドシートとベビーカーの比較


ベビーカーの比較

選び方いろいろ〜軽量?それとも機能?

 A型・B型とも、ベビーカーを比較する時、「軽量」をとるか、充実した「機能」を選択するか悩むところです。「軽量」かどうかで選ぶと、自宅からの運び出し、車への出し入れ、階段の利用時など効果を発揮します。一方、充実した「機能」で選ぶと、便利さが増し、いろいろなシーンで役に立ちます。

 また、「大きさ」もベビーカーを比較する時の大事なポイント。その他、「折りたたみ」や、「対面式」、「四輪キャスター」など、はずせない機能も要チェック!そして、激安価格や最安値のおすすめ人気通販店もリストアップしています。

 メーカーごとの特徴や後悔しないための選び方をユーザーならではの視点で検証・解説していますので参考にしてみてください。。

ベビーカー選びの大事なチェックポイント

最新型?それとも価格重視?

 現在、A型で人気のあるのは、アップリカのスティックプラスやカルーンプラスです。コンビではメチャカルファーストに加え、グランパセオLZ-600やエコアクトグランパセオLA-480などが人気となっています。また、マクラーレンのクエストスポーツなども根強い人気があります。

 B型なら、マクラーレンの トライアンフ・ヴォロー、アップリカのキャンディプラス、新発売のコンビF2あたりです。他の商品と同様、ベビーカー比較をする時にも、最新モデルに人気が集まるのですが、購入に至るかどうかは価格次第のようです。

 一方、激安ベビーカーをお探しなら、旧モデルを中心に探しましょう。アップリカのスティックやコンビのメチャカルファーストなどの旧モデルが激安価格となっています。

チャイルドシートの比較

安心感を重視した選び方

 チャイルドシートは安全性を考えると、有名メーカー品を選びたいものです。新生児用〜4歳まで使えるタイプが品数も多く、おすすめです。

 種類は、コンビ・タカタを始めとする後ろ向きのだっこ型と、アップリカの横向きフラットベッド型があります。チャイルドシート比較はタイプ選びからスタートします。人気なのは高級品ではアップリカのフラディア。コンビのプリムロングS RS-538やミニマグランデEGなども人気があります。

 ただ、チャイルドシートは車用品店でも購入できるため、格安品も多く出回っています。たとえば、エールべべの360ターンや、グレコアッティ、リーマンのネディSなどはその代表例かもしれません。

 また、ベビーカーにそのまま換装できる、EXCOMBIマルチ5ウェイPWやキューレットミューラーTSのようなものもありますので、選択肢は幅広くなっています。

 何歳まで使うか、どのようなタイプにするのかをよく考えてチャイルドシートを比較したいものですね。もちろん、ネットで買うなら激安価格や最安値のお店チェックも忘れずに。

チャイルドシート選びの大事なチェックポイント

価格面と安全性の両立

 激安チャイルドシートが悪いというわけではありませんが、私達消費者はどれだけ安全なのか比較しにくい面もあります。少なくとも有名メーカー品を選んでおくのが賢明な策といえましょう。

 激安価格と安全性の両立を考え、国土交通省のアセスメント結果を参照するなど、しっかりと購入前にチェックすることが必要といえます。